ボルダリング 東京都内新宿区 新宿駅西口・四谷三丁目【APEXクライミングジム】

お電話、メールでのお問い合わせ

エイペックスクライミングジムについて

APEX Climbing Gym(エイペックスクライミングジム)は、JR「新宿駅」西口徒歩5分の【新宿店】と、東京メトロ 丸の内線「四谷三丁目駅」徒歩1分の【四谷店】。東京都内に2店舗を構えるクライミング(ボルダリング)ジムです。両店舗とも広さ80坪以上(収容人数60~80人)、様々な傾斜のクライミングウォールで初心者から上級者までお楽しみ頂けます。また上達に不可欠な「通いやすさ」「居心地の良さ」にこだわりました。


「いいね!」でボルダリングジムの無料月会員になろう!

次回抽選は9/1です!(当選はFBメッセージでのご連絡となります)


新着情報
初めての方へ

クライミングとボルダリングは違うの?どうすればボルダリングを始められるの?予約は必要?
初めての方向けにボルダリングの始め方、楽しみ方をご紹介します。

詳しく見る
営業時間・料金

ジムは何時からやってるの?夜は何時まで?クライミング(ボルダリング)にはどの位お金が掛かるの?
料金体系やシステムが知りたい。

四谷三丁目店の営業時間料金
新宿西口店の営業時間料金
施設案内

ボルダリングジムってどんなところ?
どんなクライミングウォールがあるの?
どんな雰囲気のお店なの?

四谷三丁目店の施設案内へ
新宿西口店の施設案内へ

ボルダリングとは?

ボルダリングとはロープを使い外の岩を登るいわゆる「ロッククライミング(フリークライミング)」のトレーニングとして始められた由来があり、4~5m程度の低い岩や室内の人口壁(ウォール)をロープなしで登るのがボルダリングとされています。

通常のロッククライミングでは必ず2名で行う必要があるのに対して、一人で気軽に楽しむことができ、道具も最低限で始められる手軽さから現在では、ボルダリング自体を主体で行うクライマーも増えています。

全国にボルダリングジムも増え、室内で天候を選ばず子供から大人まで男女を問わず手軽に楽しむ環境が整い、「ジムでしか登らない。」というような方も増え、クライミングの文化も多様化してきています。

クライミングのトレーニングとしては勿論、趣味の一環として…運動不足解消に、またはダイエットに…友達や会社の同僚とのレクリエーションに…APEXクライミングジムでは、どんな方にもクライミング(ボルダリング)の楽しさを知って欲しい、その為に必要な安全に楽しむ知識やマナーなど基本的なことも初心者講習でお伝えしていきます。

ボルダリングをもっと楽しもう!

ボルダリングのルールを初心者講習で教わったら、ジム内の課題を自由に登ってみましょう。

ボルダリングはただ単に力ずくにコース(課題)を登れば良いわけではありません。適切な体の使い方やバランス、重心移動(ムーブといいます。)が重要になります。また、そのバランスの取り方などは壁の角度や課題によっても異なります。

そして、ボルダリングで大切なのはオブザベーションといって、そのコース(課題)を登る前に、コースをよく確認し、どこをどのように持ち、足はどこに置き、どのようなルート取りで登るかをよく考えてから登ることが重要です。 オブザベーションが上手くできるか、そうでないかで体力の消耗度が大きく違ってきます。なるべく楽にスマートに省エネして登らないとゴールまで辿りつけません。
ボルダリングのコツがあるとしたら、省エネ、いかに楽に登るかと言ってもいいかも知れません。

ボルダリングセッションに参加しよう!

これらのボルダリングの基本は、毎週土日15時からのビギナーセッションでお教えしています。参加費は無料(登録・利用料別途)で、途中参加、途中退出も自由ですので気軽に参加してみて下さい。

APEXクライミングジム【四谷三丁目店】では、各レベルに合ったセッションを行っております。更に上達したい!レッスンを受けたい!わからないことがある!スタッフと仲良くなりたい!ボルダリング仲間を見つけたい!という方は気軽に参加してみて下さい。

セッション開催スケジュール

目標を作ろう!

ボルダリングにはグレードといって、コースごとに8級~1級や、それ以上になると初段~二段、三段というように級が割り当てられています。 元々は外岩の課題のグレードを参考にジムのグレードの強度が設定されたのですが、現在ではジムの数も増え、 同じ5級でもジムによって全く難しさが違うというようなこともあります。 グレードはあくまでもそのジムで自分がどの程度登ることができるかという指標程度に考えるといいでしょう。 別に難しいグレードが登れるから偉い、登れないからどうだということはありませんので、 グレードや周囲の人ばかりを意識し過ぎてクライミングが楽しくなくなっても本末転倒です。 自分の中での目標課題を設定し、「その課題を登るために頑張る」「コンペで上位を狙いたい」など明確な目標を持つことが クライミングの上達には必要かも知れません。


ページの先頭へ戻る